ブックオフでゲームと書籍を処分したけど後悔する結果に

2019年09月08日 by 介護の現実を知ってください

20代後半の男性で独身です。

高校卒業後進学のため上京、そのまま都内で就職をしていましたが、地元に帰って転職をすることを決意しました。

その際に不用品を処分することになりました。

転職、実家戻りで処分に困ったのは本とゲーム

一人暮らしから実家に帰ることになったので、家電類なども持ち帰る必要はありませんでした。

使える家電は友人や後輩に譲ってしまいました。

引き取り手がなかったのは本と古いゲームです。

実家のスペースも限られていることがあり、全て持ち帰ることは不可能でした。

僕は読書が趣味なのでかなりの量の蔵書がありました。

小説だけでなく、社会問題を扱ったルポルタージュ、時事問題や科学関係の解説書など様々です。

小説以外の本は友人たちからも需要がないため、処分するしかない状況でした。

集めたコレクションがなくなってしまうのは残念でした。

読書好きの人にしかわからない感覚だと思いますが、あまり面白くなかった本でもコレクションとして並べておくだけで価値を感じます。

自分の肉体と頭脳を作り上げたものの一つを可視化できるとこがいいんですよね。

ゲームは学生時代に遊んでいたプレステ2とそのソフト数点。

就職以降全くゲームをする時間がなくなっていたため、こちらは特に思い入れもなく手放すことができました。

書籍とゲームの処分はブックオフで・・・

さて、実家に帰る時期も差し迫っていたこともあり、書籍とゲームの処分は全て近くにあったブックオフで行いました。

捨てるのはもったいないので少しでもお金になればという考えでした。

ブックオフを選んだのは、本やゲームの不用品買取と言えばブックオフというイメージが自分の中にあったからです。

他の業者を検討もしませんでした。

車にプレステ2とゲーム数点、書籍100冊近くを詰め込みブックオフに行きました。

予約も特にせず、「買取をお願いしたいんですけど」とカウンターに言えば対応してくれました。

本とゲームの買取査定は1時間以上かかりました、結果に愕然

買取査定は1時間以上かかりましたかね。

その間は店内で立ち読みしてました。

査定が終了したと店内放送で呼び出され、その場で買い取り額を現金で支払われました。

2000円ちょっとでした。

正直「安ッ」って思いました。

書籍はほとんどが10円も値段がつけばいい方でした。

比較的キレイにとっておいたんですけどね。

買い取り額は、ブックオフの帰りによった昼食代でほとんど使い果たしてしまいました。

買い取り額を上げたいなら複数のリサイクルショップから合い見積もりをとる

後から知ったのですが、買い取り額を上げたいなら

  • 複数のリサイクルショップから合い見積もりをとる

とか、

  • ネットフリマアプリを利用する

とか色々な技があるようです。

ブックオフの査定は結構雑で、初版本など貴重価値のあるものでも、その価値をアルバイト店員がわからず安く買い取ってしまうことも多いそうです。

大手だから有名企業だからというだけでブックオフに全て任せてしまったのは失敗でした。

次に書籍類を処分することがあったら、こちらのようなパソコンの出張買取しているリサイクルショップなどを利用したりして、今回の反省を生かしたいです。