急に退院が決まったので焦って施設を選んでしまいました

2017年01月12日 by 介護の現実を知ってください

今年92歳になる私の祖父は、ちょうど一年前に祖母と共に施設入所しました。

施設入所のきっかけは、祖父が心筋梗塞を起こし入院。
覚悟しておいてくださいと言われた事もありましたが、順調に回復しました。

しかし、退院後の古い自宅での老々介護は、祖母への負担があると考えたからです。

介護が必要だと感じすぐに施設を探しました。

自宅近くに自立者、要介護者共に入所できる施設があったので、夫婦での入所がすぐに決まりました。

祖父の要介護度は4ですが、入所当初に比べて最近はつたい歩きなどできるようになったと思います。

施設内ではほぼ車いすで移動し、トイレもほぼ介助なしでできるようです。
しかし夜間のトイレは転倒しケガをした事もあり、禁止されオムツ対応されているようです。

入所月額は介護居室、自立居室で食事合わせて30万円程度だと思います。(自立の光熱費は別)

施設内での祖父の介護は、ほぼ祖母がしています。
介護職員の介入を祖母は嫌がります。

祖母になぜ介入を嫌がるのか聞いてもはぐらかされ気持ちがよくわかりません。

そして祖父、祖母の手続きや買い物などのフォローは私の両親がしているのですが、私の母に義母にあたる祖母から施設への不満や愚痴、あれが足りない、あれはどこに置いたとかの確認の電話がしょっちゅう入り、母は疲れています。

父は祖母にはやさしく話し、母には強い口調で言います。母の不満が爆発し、大きな夫婦喧嘩がありました。
私ももちろん巻き込まれました。
父に喧嘩越しで怒鳴ったのは初めてです。

私自身は介護生活で疲れる事はありませんが、やはり母が日々の電話攻撃で疲れています。

何かあればすぐに母の不満を聞いてあげる事しかできません。

あとは面会に私たちも子供たちを連れて一緒に行く事です。

今まで良好に思えていた嫁姑問題がまさか介護生活に入って始まるなんて思っていませんでした。

施設に入っていたらすべてお任せではありません。
祖父が転倒したと深夜でも連絡が入って病院を探して連れて行かないといけませんし、祖母の性格も変わりました。

これから介護生活に入る人には、施設選びもじっくり時間をかけて、近くだから夫婦で入れるからだけで選んではいけない事をお伝えしたいです。