様々な腰痛対策を行ってきた中で一番効果的だった改善方法とは

2018年03月24日 by 介護の現実を知ってください

私は今30代女性ですが、21歳で就職を機に腰痛を感じるようになりました。

休めない保育士は腰痛になりやすいんじゃないでしょうか

職業が保育士だったため、子ども達を抱っこしたり、テーブル等重いものを運ぶ機会が多く、常に腰に負担を感じていました。

しかし、仕事は休めないため、そのような生活をしばらく続けていると、どんどん腰痛が激しくなっていきました。

私の場合の腰痛の症状と、やってみたこと

症状ですが、主に重いものを持ちながら立ち上がる時や、中腰を続けた後に背筋を伸ばすと腰に痛みを感じていました。

このままでは仕事に影響が出ると思い、ストレッチをすることにしました。

腰痛に効くストレッチをネットで調べ、体の血行が良くなっているお風呂上りに毎日欠かさず行っていくと、やった後は伸びた感じがして気持ち良かったですが、朝起きると腰は固くなっており、すぐに期待通りの効果は表れませんでした。

ストレッチと併用してサポーターも付けてみたところ、立ち上がりが楽になりましたが、夏は蒸れてしまい長く続けることは出来ませんでした。

姿勢を正すのが腰痛対策になる?

腰痛の悩みを知り合いに相談すると、一番は姿勢を良くすることだと教えてもらいました。

早速意識して姿勢を正しながら生活することを心がけました。

最初は居心地が悪く、気が付いたら猫背になっていることが続きましたが、ウォーキングのやり方をネットで調べ、鏡の前で練習すると歩き方がきれいに見えたことが嬉しく、正しい姿勢で歩くことが癖になっていきました。

姿勢を正すことによって、少しは腰痛が緩和されたように感じましたが、やはり重いものを持つと電撃が走ったような痛みは取れませんでした。

腰痛は、骨盤の歪みが原因?!で整骨院に通いました。

自分の力では解決できないと思い、整骨院に通うことにしました。

全身を診てもらうと骨盤の歪みが原因で腰に負担がかかっていると言われ、矯正してもらうことになりました。

施術後は自分でもわかるくらい左右の骨盤の高さが同じになっていて感動しましたが、次の日には元に戻っていました。

整骨院の先生いわく、一回の施術では治らないため、定期的に通わなければいけないとのことでした。

1週間に1回程通うようになりましたが、保険が使えなかったため一回の施術料が高く、金銭的に通い続けるのは難しいと思い、1ヶ月程で辞めてしまいました。

結局、腰痛は、良いマットレスで改善されました。

良い改善方法はないかネットで調べたところ、ベッドのマットレスが合っていないと体に負担がかかるという記事を見つけました。

確かに、その時に使っていたマットレスは10年ほど前に寝心地等を気にせず購入したものでした。

そろそろ買い替え時ということもあり、家具屋でおすすめのマットレスの話を聞き、自分に合うものを選んでもらいました。

寝た時に背骨をしっかり支えてくれるマットレスが腰痛には良いとのことで、いろいろ寝比べてみると、背中のラインが丁度良くなるマットレスを見つけ、早速購入しました。

今までは腰が痛くて夜中に起きることがありましたが、マットレスを変えてからは朝まで熟睡で、目覚めも良くなったことに驚きました。

1ヶ月程使い続けると、歪んでいた骨盤も高さが同じになっており、重いものを持った時に腰に負担を感じることが減ってきたように感じました。

いろいろな腰痛対策を試してみましたが、一番大切なのは1日の3分の1を過ごす寝ている時の環境なのかもしれません。